家庭教師のバイトの始め方で家庭教師センター登録サイトの利用

一括登録で効率よく

家庭教師センターへの登録は各サイトの指定の方法によって完了すると思いますが、仕事自体は登録制になります。登録制の仕事というのは、例えばコンビニのバイトのようにどこそこの場所のコンビニで何時から何時まで、と予め決まった契約をするのでなく、仕事が来てから場所や時間が指定されるというもので、登録派遣のアルバイトなどと同様のものになります。

家庭教師センターには数百から数千規模の人員が登録されています。その中から提示された条件を満たす人物を探し、仕事をあっせんしていくのですが、一つのサイトだけに登録し待っていても中々仕事は来てくれません。なので、家庭教師センターに登録するのであれば一括登録サイトを利用すると良いでしょう。一括登録サイトであれば複数の会社からの斡旋情報を管理してくれるので仕事が見つかりやすくなります。ただし、注意して欲しい事は前述しました悪徳業者の事です。一括登録サイトにも高額教材センターのみしか掲載していない所や、複数登録できるように見えても実は運営母体が全て同じ会社だったりといった詐欺まがいのサイトがあるのです。そうしたことに注意して頂き評判の良いサイトを見つけてもらえれば騙される事もないでしょう。

あなたがもし、人に勉強を教えるのが好きであったり、誰かの成長を見るのが嬉しいのであれば、きっと家庭教師という職業は向いています。家庭教師を頼む家庭は成績に伸び悩んでいたり、勉強自体の習慣が出来ていないケースが殆どです。そうした生徒に勉強を教えていくのは難しいかもしれませんがそうした生徒が変わってくれた時の達成感は一入でしょう。詐欺まがいのサイトに登録しないように、信頼できる一括登録サイトなのかしっかりと確認してから登録するようにして下さいね。

関連HP:家庭教師バイト同時登録サイト|エントリ!

契約は悪徳業者に注意

家庭教師センターに登録しアルバイトをする上では注意して頂きたい事があります。それは、どんなバイトにも言えることですが、悪徳業者の存在です。俗に言うブラックバイトですが、報道などでよく見かけるのは塾講師等のバイトで、家庭教師はあまり見かけません。では、家庭教師は安全なのでしょうか。

見かけないというだけで実際ブラックな企業というのは存在しています。例えば、指定の教材を授業で使用しなかったり、報告書の提出をしなかった場合にペナルティとして金銭を要求し、やめようとしてもペナルティとして金銭を要求する、契約終了後数か月たってから報告書の記入漏れと称してペナルティの金銭を要求してくる等、悪質な手口を使っているようです。そうした多くの業者が何らかの高額抱き合わせ商品を取り扱っているようで、契約した家庭に家庭教師を紹介する代わりに高額な教材を売りつけるという手口で商売しています。全ての業者が悪いとは言えませんが、悪徳業者の多い高額教材系のセンターには登録しない事をお勧めします。また、常識t気に考えて無理のある契約内容を提示してくるような業者も信用するべきではありません。週一で一時間に二教科などはどう考えても時間が足りません。提示される契約内容にも注意して契約しましょう。

詐欺のような被害は社会に出ると至る所に落とし穴が潜んでいます。それらに騙されないように自分で注意する事も社会人として必要な事ですし、騙された場合にしかるべき場所に訴えを出すことも社会人として当然の事です。契約しようとしている業者が正しいのかそうでないかしっかり見極めてから契約するようにしましょう。

家庭教師契約の種類

学生のみなさんにとっての高時給のアルバイトといえば家庭教師の人気が高いですが、家庭教師のアルバイトをどうやって始めるのが良いのかはご存知でしょうか。家庭教師の契約形態は二通りあり、一つは個人と直接契約して行うもの。もう一つは企業と契約し、そこから派遣されるものです。前者は知人や親族などから頼まれて行うようなもので、後者は一般的なアルバイトや本業として行うものです。このサイトでは後者の企業と契約して行う家庭教師について説明します。

そもそも、個人契約と企業を通しての契約では何が違うのでしょう。契約までの流れとしては、企業との契約の場合家庭教師センター等に登録し、そこから紹介された保護者と面談を行い、合格なら家庭教師として仕事をするというものです。個人の場合、まずは自分を何らかの方法で売り込み、レスポンスのあった家庭に家庭教師として出向く、というものになるでしょう。企業契約のメリットとしては、生徒の指導方法等にある程度のマニュアルがある事と、生徒を企業側から紹介される事です。個人契約ですと指導方法は一から自分で確立しなくてはなりませんし、生徒も自分で探さなくてはなりません。ただし、企業からの紹介ですと給料は企業側が幾らかの手数料を差し引きますので、個人契約よりかは少なくなります。まだ家庭教師として働いた事がないのであればまずは企業と契約する事である程度の流れを掴み、自信が付いたら独立するという流れで良いと思います。

家庭教師として働くため、安定して生徒を紹介してもらえる家庭教師センターへの登録方法や、細かな注意点などを説明しますので、家庭教師としての仕事に就いてみたいとお考えの方の助けになれたらと思います。