家庭教師のバイトの始め方で家庭教師センター登録サイトの利用

家庭教師契約の種類

学生のみなさんにとっての高時給のアルバイトといえば家庭教師の人気が高いですが、家庭教師のアルバイトをどうやって始めるのが良いのかはご存知でしょうか。家庭教師の契約形態は二通りあり、一つは個人と直接契約して行うもの。もう一つは企業と契約し、そこから派遣されるものです。前者は知人や親族などから頼まれて行うようなもので、後者は一般的なアルバイトや本業として行うものです。このサイトでは後者の企業と契約して行う家庭教師について説明します。

そもそも、個人契約と企業を通しての契約では何が違うのでしょう。契約までの流れとしては、企業との契約の場合家庭教師センター等に登録し、そこから紹介された保護者と面談を行い、合格なら家庭教師として仕事をするというものです。個人の場合、まずは自分を何らかの方法で売り込み、レスポンスのあった家庭に家庭教師として出向く、というものになるでしょう。企業契約のメリットとしては、生徒の指導方法等にある程度のマニュアルがある事と、生徒を企業側から紹介される事です。個人契約ですと指導方法は一から自分で確立しなくてはなりませんし、生徒も自分で探さなくてはなりません。ただし、企業からの紹介ですと給料は企業側が幾らかの手数料を差し引きますので、個人契約よりかは少なくなります。まだ家庭教師として働いた事がないのであればまずは企業と契約する事である程度の流れを掴み、自信が付いたら独立するという流れで良いと思います。

家庭教師として働くため、安定して生徒を紹介してもらえる家庭教師センターへの登録方法や、細かな注意点などを説明しますので、家庭教師としての仕事に就いてみたいとお考えの方の助けになれたらと思います。


契約は悪徳業者に注意
Previous post
家庭教師契約の種類
Next post